こうやって治った!辛かった腰椎椎間板ヘルニアの症状(実体験記②)

副院長の体験記です。

これまでの話はこちら

※症状や疾病名が出て来ますが、上部頸椎カイロプラクティックは首のずれだけを扱います。患部への治療、対症療法は当初を除き行っておりません。自分の体が必要に応じて治癒した事を忘れないで下さい。

ある日の決断

ここまで症状が悪化すると、「足の神経を切って何も感じないようにしたい!」とさえ願うようになり、今後の生活に希望を見いだせなくなっていました。

そんなある日、職場の方に「薬なんか飲んでても良くならないから」と言われ、ハッとしました。

上部頸椎カイロプラクティックを忘れていました。

そこで、実家で上部頸椎カイロプラクティックを受ける事に。検査をして首のずれを正してもらい、調整(アジャストメント)後の検査を受けました。

検査結果はどうであったか記憶にありませんが、当日は症状に全く変化はありませんでした。父である院長からは「運動をするように」と言われましたが、こちらとしては痛みでそれどころではありません。「薬に頼りすぎるのも良くない。」とも言われましたが、薬を飲まないと仕事になりません。「こっちの身になってみろ!」と反抗期が顔を出しましたが、できる事から始めようと思い、1日3回真面目に服用していた痛みどめを仕事の時だけに減らしながら、時間がある時は少し運動をするように心がけました。

変化を感じた日

症状は大きな改善をしないまま迎えたある日。(この間、何度か検査を行い、必要があればアジャストメントを受けていました。)仕事中に手持ちの痛み止めの在庫がきれました。無いものは仕方ありません。その日は我慢して乗り切ることにしました。

ここである変化が。そろそろ薬の効果が切れてもおかしくない時間になっても、痛みはあるのですが、以前ほどの激痛は襲ってこなかったのです。

『?』

そんな感じです。なんか良くなってるのかな?という感じです。

でも次の朝に起きると、いつも通り痛い。気のせいだったのか…。

そして仕事へ向かいました。

この頃は仕事中に痛みが出ないように時間を調整して痛み止めを飲んでいましたが、その日は出かけに飲んだだけで、その後は飲みませんでした。

すると前日と同じように、痛みは出るが激痛にはならないのです。

再び『?』です。

ここまで、最初のアジャストメントから1~2か月はかかりました。

その間、時間がある時は少しは運動をするように心がけていました。

見えてくる回復への道のり

そんな事が続いたある日、朝起きると明らかに何かが違ったのです!

『!』 痛くない!

時間が経つにつれ、痛みは戻ってきましたが、あの感覚が忘れられません。

上手く伝えられませんが、言葉で表すならば「あれっ?」です。

次の日、また同じことが起きました。また次の日も。

徐々にですが、確実に治っていると確信できました。

すると気持ちも前向きに変わります。そして痛みで制限されていたこともできるようになってきたのです。

私のケースでは、この確信できる日々を更に送りながら、私の中で痛みを完全に感じなくなるまで、上部頸椎カイロプラクティックのケアを受け始めてから半年以上、発症から2年ほどかかりました。

終わりに

当初の病院での治療を除き、投薬や腰への治療は行っていません。

上部頸椎カイロプラクティックでのアジャストメントは腰の為ではなく、あくまでも首のずれに対して用いられました。結果、神経の伝達妨害、体の機能干渉が解消されることで体は変化を始めます。

治るという面において、身体の治癒力は症状を選ぶことなく、必要に応じて必要な個所に働くきました。これはどこにでも適応することです。

先日「どれくらいで良くなりますか?」の記事でご紹介させていただいた小林先生のブログにもありますように、治り方やスピードも人それぞれです。

上部頸椎カイロプラクティックは、首のずれに着目します。そして、自分の力による解決という方法で、あなたの健康を回復するためのお手伝いができると思います。

 

 

画像をアップロード

当オフィスについて

賀来カイロプラクティックの強みは、上部頚椎カイロプラクティック創始者直系の技術継承と、これまで開業以来上部頚椎に特化し、長年積み重ねている多くの臨床経験です。