CTでの画像分析をカイロプラクティックに生かせる時代がやってきた

 

こんにちは。

巣鴨の上部頸椎専門カイロプラクティック 賀来カイロプラクティック・オフィスの副院長、賀来裕貴です。

 

今日は画像分析の有用性をお伝えしたいと思います。

多くの方に画像分析をおすすめします!

突然ですが、病院や治療院で『それは首から来てますね』と言われたこと、ありませんか?

賀来カイロプラクティック・オフィスは『上部頸椎専門』とうたっているだけに、そのように言われて悩まれている方が多くいらっしゃいます。

 

患者さんからお話を伺っている中で、「どうにかしたくてとりあえず『上部頸椎専門』にはたどり着いたけど、でも実際には頸椎の調整に不安を感じている」という方が多くいらっしゃる印象を受けます。

現在、賀来カイロプラクティック・オフィスでお勧めしている画像分析とは、そのような方の不安材料を少しでも減らし、実際の首の状態を一緒に確認できることが可能になった検査方法の一つです。

 

やっと日本国内の上部頸椎カイロプラクティックでも、さらなる科学的分析を活用出来るようになってきました!

画像分析とは

画像分析という言葉は聞いたことが無くても、病院でレントゲンやCT、MRIといった言葉を聞いたことはある、または撮影したことがあるという方は沢山いらっしゃると思います。

そのような機器を用いて体の内側を確認することを『画像分析』と呼んでいます。

画像分析を勧める理由

画像分析をお勧めするのにも理由があります。

それは、

  1. 状態を確実に確認することで、より安全に施術することができる。
  2. 受ける側の安心感の向上。
  3. より効果的なアジャストメントが期待できる。
  4. 受ける側と施術する側双方の納得値向上。

という事が望めるからです。

想像してみてください

例えば病院で手術を受けることになったと想像してください。

「ここに問題があるかもしれないから、早速切ってみて確認しましょう」で手術を受けるのと、「ここに問題があります。手術の前に一緒に見てみましょう!」

どちらが受ける側として納得して手術を受けられますか?

 

画像分析は、あなたの体の中を正しく知るために、また今後の施術に更に活用するために用いる方法です。

初めに1回しっかりと撮影を行っておけば、その後に大きな変化がない限り、頻繁に撮ることはありません。

 

放射線被ばく量についてはこちら

今、通われている方もOK

今回ご紹介している画像分析法では、歯科で用いるCBCTという機器を使用します。

このCBCTの利点で挙げられるのが、撮影範囲を限局できるため被ばく量が圧倒的に少ないこと。

そして何より得られる情報量が多いことです。

 

ご自分の骨を見てみるだけでも貴重な体験だと思います。

ご興味のある方は、どうぞお気軽にご相談ください。

撮影場所について

当オフィスに撮影環境は無いため、提携先クリニックでの撮影となります。

提携先クリニックで手配完了後に撮影となりますので、撮影日決定まで少々お時間をいただく場合がありますが、ご了承ください。

撮影所要時間と費用

撮影所要時間は、1撮影30秒ほど。

費用は¥5,500-(税込み)です。

撮影時に提携先クリニックにてお支払いください。

現金のみのお取り扱いとなりますので、ご了承ください。

全体の流れ

DAY 1

  1. まず、賀来カイロプラクティック・オフィスまでご連絡いただき、その際にCT撮影希望の有無、初診/再診かをお伝えください。
  2. 撮影可能日と時刻を提携先に確認後、こちらよりいくつか候補をご提示いたします。その中よりお選びください。
  3. 撮影当日、まずは巣鴨の賀来カイロプラクティック・オフィスへ来ていただきます。そこで初診の方は問診票にご記入いただきます。
  4. 次にコンサルテーション(問診・ご相談)と検査を行います。
  5. 提携先クリニックへ移動し、CT撮影を行います。1日目はここで終了です。

 

見落しの無いよう、撮影データ分析に数日いただきます。

分析が終わり次第、こちらよりご連絡いたしますので、再来院のご予約をお取りください。

 

DAY 2

  1. 再来院いただき、再び検査を行います。そして検査と分析の結果とを照合し、アジャストメント(調整)が必要かをお伝えいたします。
  2. 所要時間…アジャストメントを受けられた場合、再診の方は約1時間~。初診の方は約2時間~かかります。
  3. アジャストメント後に体の変化を確認します。

次回まで2週間以上、期間を開けます(例外もあります。)

 

DAY 3

  1. 再度ご予約いただき、体の変化の状態を確認します。
  2. 上部頸椎の安定が確認できた場合は、検査だけで終了です。
  3. 上部頸椎に不安定さが表れていた場合には、再アジャストメントをお勧めいたします。

 

詳しくはお電話公式ライン公式アカウント、または当日お尋ねください。

この機会にぜひCBCTでの撮影をご検討ください

もちろん、今まで通りの画像分析をしないやり方でも問題ありませんし、画像分析は強制ではありませんが、得られる利点を考慮してお勧めをしております。

 

確かに初めの費用や時間は以前より少しかかりますが、その分得られるものは多いのです。

確実に状態を確認できることにより、最終的には時間と費用の節約になると考えています。

 

『首は危ない』『首は大事』と一般社会で言われるからこそ、お勧めしたい検査のひとつです。

初めての方だけでなく、今現在通われている方にもお勧めいたします。

ぜひご検討ください。

 

お問合せ、ご相談は公式ラインアカウントからでも可能です。

友だち追加

賀来カイロプラクティック・オフィス