CTでの画像分析をカイロプラクティックに生かせる時代がやってきた

 

こんにちは。

東京の巣鴨にある上部頸椎専門カイロプラクティック 賀来カイロプラクティック・オフィスの副院長(兼Hiカイロプラクティック代表)、賀来裕貴です。

 

今日は画像分析の有用性をお伝えしたいと思います。

レントゲンとCBCTでの画像分析、導入しました

患者さんからお話を伺っている中で、「病院で『それは首から来てますね』と言われ、どうにかしたくて『上部頸椎専門』にはたどり着いたけど、実際には頸椎の調整に不安を感じている」という方が多くいらっしゃる印象を受けます。

 

2021年、賀来カイロプラクティック・オフィスで導入・お勧めしている画像分析とは、そのような方の不安材料を少しでも減らし、実際の首の状態を一緒に確認できることが可能になった検査方法の一つです(詳しくはこちら)。

 

本家のアメリカでは必須の検査ですが、やっと日本国内の上部頸椎カイロプラクティックでも活用出来るようになってきました。

 

なお、画像分析を利用した施術は副院長が担当しております。あらかじめ、ご了承ください。

 

画像分析とは

画像分析という言葉は聞いたことが無くても、病院でレントゲンやCT、MRIといった言葉を聞いたことはある、または撮影したことがあるという方は沢山いらっしゃると思います。

 

そのような機器を用いて体の内側を確認することを『画像分析』と呼んでいます。

 

画像分析の利点

画像分析をお勧めするのには理由があります。

 

それは、

  1. 従来の触診やその他検査などではわかりにくかった先天性の奇形や変形など、骨自体の状態が目視で確認することが出来るようになり、不確定要素を除外することで、より安全に施術することができる。
  2. 受ける側の安心感の向上。
  3. より効果的で持続性のあるアジャストメントが期待できる。
  4. 受ける側と施術する側双方の納得値向上。

という事が望めるからです。

 

 

画像分析有無の判断基準について、こちらの記事で紹介しています。

画像分析の有り無し、どちらを選べば良い?その違いをお教えします!

 

使用機器と安全性について

今回ご紹介している画像分析法では、レントゲンの他に歯科で用いるCBCTという機器も使用します。

 

このCBCTの利点で挙げられるのが、撮影範囲を限局できるため被ばく量が圧倒的に少ないこと。

放射線被ばく量についてはこちら

 

そして何より得られる情報量が多いことです。

 

ご自分の骨を見てみるだけでも貴重な体験だと思います。

 

もちろんズレも見れます!

 

全体の流れを紹介します

当オフィスに撮影環境は無いため、提携先クリニックでの撮影となります。

 

※必ずクリニックとの時間調整が必要となる為、当日飛び込みでの撮影は行えません

 

提携先クリニックで手配完了後のご案内となりますので、撮影日決定まで少々お時間をいただく場合がありますが、ご了承ください。

 

お問合せ→タイムテーブル・施術の流れ

  1. まず、賀来カイロの画像分析部門『Hiカイロプラクティック』までご連絡ください。
  2. 撮影の予約を行います。こちらよりいくつか日時の候補をご提示いたしますので、ご希望をお聞かせください。撮影予約が取れ次第、こちらよりご連絡いたします。

 

詳しくは、以下HiカイロプラクティックのHPでご確認いただけます。

タイムテーブル・施術の流れ

 

撮影所要時間と費用

撮影にかかる時間は、CBCTは1撮影20秒ほど。レントゲンは5秒ほどです。(準備を含めるとトータルで15分程とお考え下さい)

 

撮影内容はCBCTで一枚、レントゲンを2枚撮影します。

 

撮影料は¥5,500-(税込み)です。撮影時に提携先クリニックにてお支払いください。なお撮影費用は現金のみのお取り扱いとなりますので、ご了承ください。(医療機関で自費撮影したデータをメディアへ書き出してもらう多くの場合、CBCT撮影だけで10,000~25,000円かかりますので、Hiカイロの提携先クリニックは超良心的です。)

 

※撮影には事前予約が必要となります。また、撮影可能日は現在金曜日のみとなっております。ご了承ください。

CT・レントゲンの撮影可能日に関しまして

 

画像分析を利用した施術の予約、お問合せはHiカイロプラクティックから

詳しくは、お電話またはHiカイロプラクティック公式ラインアカウントから、お気軽にお問合せください。

 

 

賀来カイロプラクティック・オフィス