「Chiropractors do not treat,cure,heal or diagnose disease.」

カイロプラクターの仕事

Chiropractors do not treat,cure,heal or diagnose disease.」

カイロプラクターは、病気の診断、治療はしない。

Dr.D.D.Palmer

カイロプラクティックの発見者、D.D.パーマーの言葉です。

カイロプラクティックは、本来、医療・治療ではありません。この創始者の考えを受け継いで自然観も大事にしているのがストレート・カイロプラクティックと言い、背骨全体をアジャストメント(調整)の対象とします。さらに上部頸椎にスポットを当てているのがスペシフィック・カイロプラクティック(上部頸椎カイロプラクティック)です。そして一般的なマッサージなどと混同、併用されるカイロプラクティックをミックス・カイロプラクティックと言います。

では、そもそもカイロプラクティックでは、どの様なことを行うのでしょうか。

医療・治療は医師の仕事

まずは医療から。カイロプラクティックが発見された当時と比べると、現在の医療技術の進歩は目を見張るものがあります。その時代時代で最新のツールと学びえた知識を駆使し、人を治療するのが医療の仕事です。そして日本において病気の診断は、医師にのみに与えられた特権です。

体の仕組みは大きく変わっていない

技術は日々進歩する中で急には変わらないものがあります。それは体の仕組みです。ほぼ不変であり、普遍なのです。生活様式の変化などに合わせ、スマホっ首ことストレートネックなどを筆頭に、現代病ともいうべき状態の方が増える傾向にありますが、これはあくまで環境に体が適応した結果であり、体の仕組み自体が変化したわけではないのです。本人が気を付け、きちんと向き合うだけでも改善は見込めるでしょう。

常に「チカラ」によって支えられている

前述したとおり数百年前から比べたとしても、人の作り自体は大きく変わっていません。それでは、その個々の体をデザインし、作り上げてきたのは誰でしょうか。その出来上がった体を動かしているのは誰なのでしょうか。それは外部からの力ではなく、その人自身が生まれながらに持っている体の内側からの「生きる」力なのです。その生きるための力は、脳がコントロールしています。例えば転んでケガをしても、重傷でなければ時間が経てば元通りに治ります。発熱もそうです。生命は治る力を持ち合わせています。これらは一定の条件下のもとで働きます。それは、生きている=脳が動いているという条件を満たす事、すなわち生きている人の特権なのです。

上部頸椎カイロプラクティック アジャストメント

カイロプラクティックでは、自身の力で体をコントロールしやすくするように、神経伝達の妨害をしている箇所を手によって取り除くという事を行います。医療との大きな違いはここにあります。体の外側から足りないものを足す、楽になるために治療をするという医療的方法ではなく、体を作り維持している大元である、内側からの力に体を委ねられるよう、アジャストメントを行うのです。特に上部頸椎カイロプラクティック(スペシフィック・カイロプラクティック)で行うことはシンプル。上部頸椎へのアジャストメントのみです。

それぞれのゴール

医療のゴールは、症状の緩和、改善。寛解。完治。先生が様々な手法を用いて行います。

上部頸椎カイロプラクティックのゴールは、首のずれによる健康への干渉がない状態で身体が自然に健康へと回復し、より良い状態で生活を送れるようになること。

最終的に同じ「治った」だとしても、通ってきた道筋が違うのです。

 

 

画像をアップロード

上部頸椎カイロプラクティックで見込めるもの

上部頸椎カイロプラクティックは、あなたの身体が健康な状態へと自然に回復できるように後押しします。